頭皮も肌の一部

シャンプーやコンディショナーの成分が肌に残らないようにすることで、フェイスケアやボディケアの邪魔にならないようにしているともいえます。
頭皮も肌の一部と考えている、キュレルならではの配慮ではないでしょうか。
シャンプーの本来の目的は、頭皮を清潔に保つことにあります。
つまり、スキンケアと同じなのです。
人間の細胞は一部分だけが違っているわけではありませんから、敏感肌であれば頭皮も同様です。
キュレルのヘアケア製品は、「シャンプーすると頭皮が乾燥する」という悩みに応えたものではないでしょうか。

健康と医療 関連情報

 森山教授は「グルタミン酸だけでは説明が難しい情報伝達の仕組みが、アスパラギン酸の働きを調べることでわかるかも知れない。認知症などの薬の開発につながる可能性もある」と話している アスパラガスに含まれるアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が、神経細胞で情報伝達にかかわる仕組みを、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授(生化学)らが突き止め、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。この仕組みの異常で、発達障害などが起こる難病になる可能性も示され、記憶・学習の仕組み解明につながりそうだ。  また、現在は認知症に進む前段階の「軽度認知機能障害」も診断・治療できるため、対応が必要な高齢者はさらに増えそうだ。  これまでVEATは別の働きで知られており、その異常で、幼児期から精神発達や運動障害が起こる「サラ病」になることがわかっていた。今回の発見で、サラ病は神経細胞の情報伝達の異常で起こる可能性が示された。