頭皮も肌の一部

シャンプーやコンディショナーの成分が肌に残らないようにすることで、フェイスケアやボディケアの邪魔にならないようにしているともいえます。
頭皮も肌の一部と考えている、キュレルならではの配慮ではないでしょうか。
シャンプーの本来の目的は、頭皮を清潔に保つことにあります。
つまり、スキンケアと同じなのです。
人間の細胞は一部分だけが違っているわけではありませんから、敏感肌であれば頭皮も同様です。
キュレルのヘアケア製品は、「シャンプーすると頭皮が乾燥する」という悩みに応えたものではないでしょうか。

健康と医療 関連情報

 森山教授は「グルタミン酸だけでは説明が難しい情報伝達の仕組みが、アスパラギン酸の働きを調べることでわかるかも知れない。認知症などの薬の開発につながる可能性もある」と話している  記憶は、神経細胞が変化して、信号が伝わりやすくなることでできると考えられており、細胞の変化にはカルシウム濃度がかかわる。神谷教授らは、カフェインでこのたんぱく質を刺激すると、細胞内のカルシウム濃度が通常より上がり、信号が伝わりやすくなることを確かめた。  推計では、団塊の世代がすべて65歳以上となる2015年時点ですでに、05年の1.5倍の約302万人に上る。研究班の粟田主一・仙台市立病院神経精神科部長によると、主な増加要因は高齢化という。  都道府県別推計では、35年時点で05年比の増加が最も大きいのは埼玉県の3.1倍。千葉県と神奈川県の2.9倍▽愛知県2.6倍▽大阪府2.5倍▽東京都2.4倍が続いた。団塊の世代が多く住むベッドタウンで増加が著しい。最も低いのは島根県の1.5倍。粟田部長は「地域の実情に応じて、都道府県や市町村ごとにきめ細かい対策を考える必要がある」と話す。(