頭皮も肌の一部

シャンプーやコンディショナーの成分が肌に残らないようにすることで、フェイスケアやボディケアの邪魔にならないようにしているともいえます。
頭皮も肌の一部と考えている、キュレルならではの配慮ではないでしょうか。
シャンプーの本来の目的は、頭皮を清潔に保つことにあります。
つまり、スキンケアと同じなのです。
人間の細胞は一部分だけが違っているわけではありませんから、敏感肌であれば頭皮も同様です。
キュレルのヘアケア製品は、「シャンプーすると頭皮が乾燥する」という悩みに応えたものではないでしょうか。

健康と医療 関連情報

 森山教授は「グルタミン酸だけでは説明が難しい情報伝達の仕組みが、アスパラギン酸の働きを調べることでわかるかも知れない。認知症などの薬の開発につながる可能性もある」と話している 親子で楽しみながら盲導犬に親しむ催しが30日、横浜市港北区の日本盲導犬協会・神奈川訓練センターであった。視覚障害について理解を深めてもらおうと、夏休み特別企画として同協会が開いた。参加者は盲導犬に触り、アイマスクをつけて盲導犬と一緒に体験歩行をするなど、視覚障害者の大変さを体験した。  リレー・フォー・ライフは1985年にアメリカ対がん協会の医師が、がん患者の支援やがんの征圧、予防を訴えて始めた。日本では06年に茨城県つくば市で初めて開催され、07年は東京など2カ所で開かれた。3年目の今年は室蘭の後、9月13〜14日に兵庫県芦屋市、同14〜15日に横浜市、10月11〜12日に高知県南国市、徳島県小松島市、大分県由布市で開かれる。  ただ、算定に使った80年代調査は当時の知見から、認知症とされた人はアルツハイマー型や脳卒中後の重症患者に限られていた。その後、診断技術が向上したほか、認知症の原因となる別の病気がみつかり診断基準が明確になっている。これらを考慮すると、今回の推計より患者数は増える可能性がある。