二つか3つのFX(外国為替証拠金取引)会社を使おう

いろいろなトレードスタイルがある人の時では、5〜6社などたくさんの取引会社を使い分けている人もいるようあまり上手く使い分けている人は少なく、場合によっては取引システムが異なる為間違った取引を行ってしまう可能性もあるのだぜ。

私達はプロのトレーダーでもないから、数社のFX(外国為替証拠金取引)会社を使い分けるのが実質的な数といえまずぜ。

たとえたくさんの口座を持っていたとしても、入金して実際に使っているのが2〜3社であれば問題ないだろう。

ある程度口座を開く場合には自分のトレードスタイルに合わせたFX(外国為替証拠金取引)会社を数社選び、資料請求などで必要なインフォメーションを得てください。

金融と投資 関連情報

家庭で現金を眠らせる「タンス預金」が2007年は30兆円規模に上り、03年以降の高止まり傾向が続いていることが日本銀行の調査で分かった。低金利が続いていることや米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融市場の混乱で、膨大なお金が行き場を失っているとみられる。 FX取引は、取引業者に一定額の証拠金を担保として差し入れれば、何倍もの額の外国通貨の取引ができる。国内の低金利を嫌った個人投資家の人気を集める一方で、為替動向によっては多額の損失を被るリスクも指摘されている。 五輪後の景気後退懸念から、株式相場はこれまで大幅下落しており、19日時点の上海総合指数は昨年10月の最高値に比べ60%超も下落していた。 日本銀行は27日、少ない元手で多額の為替取引ができる「外国為替証拠金取引」(FX取引)の実態に関する調査結果を発表した。2008年1〜3月期の取引口座数は142万口座、取引高は222兆円で06年4〜6月期と比べて口座数で3・7倍、取引高で2・6倍にそれぞれ急増した。1日当たりの取引高は1・9兆円(07年1〜3月期)で、日銀は、世界の外国為替市場の円スポット取引の1割程度にまで拡大していると推計している。